さくの式!テンシン日記

マイナス600万円から始める任意整理生活@sakurakuraxxx

借金史〜私が多重債務者になり、任意整理をするまで〜

塵も積もれば山となる。

良いものに限らず、悪いものも。

 

こんにちは、さくのです。

 

社会人になる以前はクレジットカードの所持はおろか、

大学時代のアルバイト代まで母に管理されていたおかげでそもそもその月に自分が使えるお金の全容を知らなかった……

(そして毎日を1,000円で工夫して暮らしていた)

そんな人間が、7年と少しで多重債務者となり、任意整理の手続きに入るにいたる……

 

前回の記事

借金持ち正社員からのテンシン! - さくの式!テンシン日記

では少し省略した、私の借金の歴史について、

今回は触れていきたいと思います。

※具体的な任意整理の手続き内容等は別の機会に記事にします。

 

 

 

そもそも任意整理って何?

f:id:lilyxbutterfly:20170922040738j:plain

 借金を整理する「債務整理」には、

「自己破産」「個人再生」「任意整理」

という3つのやり方があります。それぞれの違いを簡単に説明すると、以下の通りです。

  1. 自己破産:裁判所で支払いが不可能であること、返済の責任から免れることを許されて、借金を支払わずに済むようになる(一定価値以上の財産は手放す事になる)
  2. 個人再生:裁判所に申し立てをして、返済しなければならない借金を大幅に減らしてもらう代わりに、3年(認められれば最長5年)の長期分割払いにしてもらう制度。自己破産とは違って、条件を満たせばマイホームなどを手放さなくてよい。
  3. 任意整理:将来の利息をカット、現在より低い月額の支払い金額を目標に、お金を借りている相手企業(債権者)と交渉する方法。借金の総額を減額させる効果は3つの方法の中で最も低い。ただ、このカードは整理するけれどこのカードはまだ使いたいなど、一部の借金のみ整理、という方法も可能。

私の場合は守りたいマイホームや高額な資産がないため、

「自己破産か任意整理ですね」 

と債務整理の相談に行った際に言われました。

 

任意整理の対象とした4社の合計借り入れ金額が550万円もあったので、

「自己破産も視野に入れてよいと思いますよ。」

とも言われましたが、整理の相談に来ている状態とはいえ、

借りたものはなるべく返したいと思ったので、そのまま任意整理の手続きを進めた次第です。

 

さくの借金史

f:id:lilyxbutterfly:20170922050204j:plain

社会人デビューとともにクレジットカードもデビュー

私の借金は半分が銀行カードローン。

もう半分がクレジットカードのリボ払い残高によって構成されています。

 

そんな私がクレジットカードと初めて出会ったのは、

社会人になった年、会社指定の三井住友銀行に口座を作った時にキャッシュカードをクレジット一体型のものにした時でした。

 

正確には大学生時代のアルバイト用に作った別の銀行のキャッシュカードにもクレジット機能はついてはいたのですが、

この口座の作成時に未成年だったこともあって、口座の開設に同行してもらった母が、

手続きを進めたので、利用限度額0で設定されていたので使えなかったのです。

 

そんなこともあり、社会人デビューとともにクレジットカードもデビュー。

もともと大学生までは一回に使う金額は良くても4桁。

三十路になった今でも税込4,900円なんていう洋服・バッグ・靴が高いという感覚が抜けきらないくらいだったので、

たまたま手持ちの現金がなかったとか、ちょっとセールに行くとか、

最初はそんな時くらいしか使っていませんでしたね。

おっかなびっくり、月に1〜2万円使うくらいだったと思います。

 

それでも回数が増えていくと、塵も積もれば山となる。

少しずつ感覚が麻痺して行って、ひと月の利用金額が上がって行き。

最終的にはその月のお給料では一括で支払えないな、という金額に達した時に、

リボ払いに手を出すという流れになって行きます。

 

楽天銀行のカードが届いたり銀行のカードローンを組んだりカードを増やしたり

ネット銀行で今一番知名度が高い、といえばやはり楽天銀行でしょうか。

私はこの銀行が楽天銀行の前、「イーバンク銀行」という名称だった頃から、

実は口座を持っていました。

 

私は大学時代のアルバイト代まで母に管理されていた状態だったのですが、

とはいえあまり理由を言いたくない出費などもあるわけで。

どうしてもへそくりを作りたくて高校時代から密かにやっていた

ポイントサイトなどの換金先として手数料などが優遇されていたからなのですが(笑)

 

私が持っていたイーバンク銀行のキャッシュカードというのがデビッドカードタイプ

(一度も使えたことがなかったので、利用設定が漏れていたものと思われます)

のものだったのですが、楽天銀行になったのを機に、このキャッシュカードもクレジット一体型に。

 

その他、

  •  友人と旅行へ行くのにどうしても現金が足りなくなって、三井住友銀行でカードローンを組む。
  • 買い物でよく利用していたマルイでエポスカードを作る
  • ポイントをICカードにチャージが出来るという理由で、当時利用していた路線のクレジットカードを作る

 とどんどんカードを増やして行った結果。

今月はAカードで、来月はBカードで、といった具合に各社の利用限度額とにらめっこしながらのカード利用が増えていきました。

 

これが社会人3年目くらい。前回の

借金持ち正社員からのテンシン! - さくの式!テンシン日記

でも書きましたが、朝から終電まで働き詰めで心身ともに最もストレスフルな生活を送っていた頃の私の生活でした。

 

一番の高額な買い物

クレジットカードを持ってから一番の高額な買い物は、

50万円くらいのエステの契約でした。当然のごとく、後からリボ払いです。

f:id:lilyxbutterfly:20161103121642j:plain

朝から終電まで働き詰めという生活の中で食生活も乱れて体重が増えに増えたことも理由の一つとしてはありますが、

ダイエットがしたい、というよりは、とにかく血行不良などで身体のだるさ重さが酷かったので、

健康のために少しでも身体を軽くしたい、というのが主目的の契約でした。

 

この、少しでも身体を軽くしようという計画は結局、

任意整理前にやはりクレジットカードのリボ払いで通ったパーソナルトレーニングのおかげでやっと効果が出た、という感じでしたが……。

 

一人暮らしと任意整理

一人暮らしを始めたのは昨年の頭。

借金総額が膨れ上がりながらもなんとか一度も遅延せずに払い続けられていたのは、

それまではずっと実家暮らしだったからこそです。

 

一人暮らしを始めた後から最初のボーナスまでの間、

今月こそは、来月こそはヤバい。

という局面が何度かあり、恥ずかしながらここでようやっと現実の重みを痛感するにいたりました。

 

そこで、最初のボーナスを迎えてまずやったことは、三井住友銀行のカードローンの限度額の引き上げ。

それから、引っ越しによって使わなくなった交通系のクレジットカードの残高一括支払いと解約でした。

いわゆる、借り換えというやつです。当然、借金の総額が減った訳ではありません。

その時はとにかく、1社でも借入先を減らしたかった。

 

とはいえ、そうしたところで次のボーナスまで、このままの状態が続けられる。

次のボーナスの時に、別のカードを減らす事が出来る。

そうはならないだろうな、とも感じていました。

 

そこでネットでいろいろ調べた結果たどり着いたのが、

『債務整理』

という手段だったのです。

 

最終的に借金はどうなったのか。

f:id:lilyxbutterfly:20150622190743j:plain

最終的に借金の状況がどうなったのかについては、任意整理前と後で比較したいと思います。結果は以下の通りです。 

 【任意整理前】
  1. 三井住友銀行クレジットカード:131万
  2. 楽天銀行クレジットカード:82万
  3. エポスカード:137万
  4. 三井住友銀行カードローン:203万
  5. 合計:553万

 

 【任意整理後】
  1. 三井住友銀行クレジットカード:119万
  2. 楽天銀行クレジットカード:82万
  3. エポスカード:136万
  4. 三井住友銀行カードローン:203万
  5. 合計:540万

なお、私の場合は任意整理対象外にしたカードがもう一枚、50万円分あるので、

借金としての総額は603万→590万ということになります。

 

リボ払いは過払金が発生しにくい、また、カードローンについては借入開始時期が

グレーゾーン金利(民事上は無効ではあるものの刑事罰を課せられない、利息制限法を超えた金利)

という過払金が発生している可能性が高かった年代(2008年12月以前)には該当しないので、減る事はないかなぁと思っていたのですが……助かりました。本当に。

 

最後に。

ここまで約3,000文字という、そこそこな長さの記事になってしまったので、

最後はとてもシンプルに行きたいと思います。

(お前が言うなよ、という話なのですが)

 

クレジットカードのご利用は計画的に!!!

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

<Sponsered Link>