さくの式!テンシン日記

マイナス600万円から始める任意整理生活@sakurakuraxxx

コインチェックの事件から考える、仮想通貨の安全対策

f:id:lilyxbutterfly:20180118221210j:plain

 

金曜日の夜。世間的にはプレミアムフライデーにあたる1月26日。
(余談ですがプレミアムフライデーの恩恵は受けたことがありません)

前回の記事でも紹介しましたが、コインチェックという仮想通貨取引所から日本円換算で約600億円分のNEM(XEM)が流出してしまうという事件が起きました。

コインチェックで不正出金!?私の資産はどうなるのだろう… - さくの式!テンシン日記

 

NEM(XEM)保有者への補填内容の発表

今回の件に関しては、1月28日段階でNEM(XEM)保有者の方への日本円での返金、という補填対応が決まったようです。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社

補填も、コインチェックの自己資金から行われるようです。
ひとまずは、不正流出した分のNEM(XEM)について、他のユーザーの預けている資金を損なうことなく、全く返って来ないわけではなくなった、という点は喜んでもよいのでしょうか。

 

返金の時期が未定であること、算出期間中はNEM(XEM)の価格がかなり下がっていたことを考えると、
強制的な損切り・ロスカットになってしまったという人も少なくない数いらっしゃるでしょうから、喜びきれないという方も多いかとは思いますが……

 

なお、私自身はNEM(XEM)保有者ではなかったので、今回の補填対象には入りません。
現在は各通貨の出金制限がまだ解除されていないですし、BTC以外は売買取引も出来ないため、リップル(XRP)しかコインチェックでは所持していない私には何もできることがない、という状態は続いています。

今後のことについて

まずは出金制限が解除されないことにはどうしようもないので、しばらくは待ちの状態が続きますが、
制限が解除された後どうしようかということについては、まだハッキリとは決めかねていますが、
対応の候補として現在あげるとしたら以下3つのうちのいずれかかな、とは考えています。

 

  1. しばらくはコインチェックに残したままにしておく
  2. 他の取引所へ移動させる
  3. ハードウェアウォレットへ退避させる

 

ひとつめの「コインチェックに残したままにしておく」を挙げた理由は2つめの、「他の取引所へ移動させる」という件と絡んで来るのですが、
現在保有しているリップル(XRP)を扱っている取引所のうち、私が口座を開いているのはGMOコインしかありません。

 

GMOコインについては、私自身がそういう場面に出くわしたことがあるわけではないのですが、
価格の変動時に売買取引の制限がかかってしまって注文が通らなくなる、という現象についてのユーザーさんからの声を少なくないと感じる数目にすることがあり、
そのことが引っかかってコインチェックの口座を開いた、という経緯があったので今更戻すつもりはありません。

 

なので、移動できる先がない以上はコインチェックからは動かせないので、
新たにリップル(XRP)を取り扱っている取引所を開設するのが先か、出金制限が解除されるのが先か、といったところです。

 

ただ、現在のリップル(XRP)の価格が購入時からだいぶ下がってしまっていてすぐには日本円に戻さないだろうとも考えています。
そうなると、どの取引所に移しても結局は今回のようなことになる可能性がわずかにでもある限りは、ハードウェアウォレットへ退避させる、という対応が一番現実的なのではないかと考えています。

 

ハードウェアウォレットとは?

形状はUSBなどと似ているハードウェアウォレットですが、
通常のUSBのようにパソコンにつないだら写真や各種のファイルが確認できるといった形で各仮想通貨のデータが直接入っているという仕組みではなく、
各ウォレットのアドレスと、ハードウェアウォレット本体が持っている秘密キーが揃って、初めて仮想通貨のデータにアクセスできるようになる、というもののようです。

 

なお、ハードウェアウォレットの本体についてはAmazonなどでも購入出来ます。

 

ですが、ハードウェアウォレット本体よりも実は大切なのは、秘密キーの存在です。
LedgerやTREZORやKeepkeyなど、どのメーカーのものでもそうなのですが、この秘密キーさえあれば、ハードウェアウォレット本体がなくても同期・複製ができてしまうのです。

 

ニュースなどでも話題になっていましたが、特にAmazonの倉庫から発送されるFBAという出品形態では対策が十分に行われていないため、新品未開封としての返品を利用した犯罪が行為が行われたケースが過去にありました。
話題となった犯罪の場合はDVDやゲームソフトなどを改造版と入れ替えたり、中身を抜き取った状態で返品をする、というものでしたが、
同じようなことがハードウェアウォレットでも起こらないとは限りません。

 

なので、ハードウェアウォレット本体を購入する場合は正規の販売代理店を通して新品とわかっているものを購入するのが最も安全と言えます。
以下のサイトもその正規販売代理店の一つです。 

 

まとめ

関東で大雪が降った日、
「不要不急の外出は控えるように」
といった政府からのお言葉が出たことが話題になりました。

不要不急なんて言われても、仕事はそう簡単には休めないよ!
なんて思ったものですが、仮想通貨についても同じようなことが言えるのかもしれません。

「不要不急の(取引所への)外出は控えるように!」

基本的には仮想通貨も投機案件ですので、生活資金には手をつけず、余剰資金の範囲、自己判断で楽しむくらいがちょうどいいなんて声も見かけますが、
とはいえ本当に消えてなくなってしまってもいいお金はないはずです。

盗まれてしまわないように自分自身で対策をすることは大事だな、と今回改めて思いました。

出金制限が解除されるまで私自身は何もできない状態ですが、
今からでも手を尽くせる人は、早めに対策を行っておいて損は無いと思います。