さくの式!テンシン日記

マイナス600万円から始める任意整理生活@sakurakuraxxx

アドセンスの代わりにmedi8を使ってみる!〜メリットなど〜

f:id:lilyxbutterfly:20171122204821j:plain

なかなか記事が更新できていないし
(これは自分のせいですが)
アドセンス審査も全然通らないのでどうしたものかと悩んでいる今日この頃。

 

そういえば独自ドメイン化する前に使っていたmedi8のアカウントまだ残ってたじゃん!

 

ということを思い出したさくのです
そんなわけで今回は、当ブログでもお世話になっている、medi8というバナー広告について書いていこうと思います。

 


Google Adsenseとどう違うの?

そもそもmedi8って何?

ブログなどで収益を上げていこう、と思った時、アフィリエイトリンクとともに多くの人が利用してみようと思うのが、Google Adsense(以下アドセンス)だと思います。
medi8はアドセンスと同様、クリック報酬型のバナー広告の一つです。
他に似たようなサービスだと、nendやimobile、忍者admaxなどが挙げられると思います。


アドセンスと比べたmedi8の利点は?

一番のメリットは、アドセンスほど規約が厳しくなく、無料ブログでも審査を受けることができる点でしょう。

 

もちろん、商用利用を一切禁止しているアメブロのようなプラットフォームではNGなのには違いないですが、
逆にいえばアフィリエイトなどを利用できる場所であれば、独自ドメインでなくても審査を受け、広告を設置することができるということです。

 

これからブログで収益を上げて行きたい!

と勇んで準備を開始しても、いきなり独自ドメインを取ったりレンタルサーバーを借りたり……というのはちょっとハードルが高い。
そんな初心者の方が慣れるまでの間に利用してみるのも手だと思いますし、
アドセンスの審査が通るまで、あるいは通った後もサブとして利用してみる、というのも悪くないと思います。

 

medi8の収益はクリック数だけではない

最初に、medi8は「クリック報酬型のバナー広告」と説明しましたが、本当は少し違って、正確には「クリックでも報酬を得られるバナー広告」と表記する方が正しいと思います。

というのも、medi8はアドセンスとは違い、インプレッション型の広告だからです。つまり、クリックもあった方がいいけれど、大事なのはインプレッション。
つまり、どれくらい広告が視認されたか、なのです。

 

ちなみにmedi8のルールは
「広告が1000回表示されるごとに報酬が発生する」
というもの。
また、一応規約上は1ページにいくら広告を配置してもOKな状態なので、やる人はいないと思いますが1000個の広告を配置した1ページを用意して、そのページがアクセスされれば報酬が発生……

 

となるのですが、さすがにそんなことをしてしまえば中身のない収益取り放題のサイトの量産にもつながってしまうので。

 

medi8では広告の配置場所1箇所(記事中や記事下など)につき申請→クリアしたら広告コード発行、という形になっています。
同じ広告配置場所にいくつもいくつも審査を通そうとすればさすがに落ちることもあるようなので、その辺りで広告数を制限しているようです。

 

そのほか、所感など

無料ブログでも審査を受けることができる、あとは承認されたら広告コードを貼るだけ、クリックがなくても表示だけで報酬を得ることができる、という点ではかなり手軽に始められるツールだとは思います。

ただ、将来的にアドセンスを利用したり、アフィリエイトなどでもっとガッツリ稼いでいこうと考えている場合、SEO対策等が必須になってくると思うので、
広告を配置することに慣れる、アドセンス審査に通過するまで、ということを念頭に置きつつ、Google検索にも強いサイトやブログを作っていくことを忘れないように記事を書いていく必要はあるのかな、とも思います。

ちなみにmedi8の報酬支払い額の最低ラインは3000円(paypal利用の場合は100USD)です。
この辺りもアドセンスの8000円と比べるとハードルが低いと感じられるポイントのひとつですね。
(アドセンスと比べるとクリック報酬単価はかなり低いようなので、支払い額の最低ラインを達成するまでの道のりの長さはもしかしたらどっこいなのかもしれませんが)

それでは、今日はこの辺で。

 

 <sponsered link>