さくの式!テンシン日記

マイナス600万円から始める任意整理生活@sakurakuraxxx

2ヶ月間業務停止となったアディーレ法律事務所との契約が解除されたぞ!

f:id:lilyxbutterfly:20171016213139j:plain

 

前回の記事『さくのさん、アディーレ法律事務所が業務停止命令食らったってよ - さくの式!テンシン日記』でも書きましたが、
休職に入ってしまった身なので、
任意整理継続も難しいかもしれないしやり方を変えようか(端的にいうと自己破産)ということを視野に入れつつ。
他の法律事務所さんにお世話になるべく先週から動いていました今日この頃。

委任契約解除についてこちらから連絡しないとかしら?

と思っていた矢先に、アディーレ法律事務所さんから書面が本日届きました。 

 

 

届いた書類の内容

 

内容としてはズバリ、


『弁護士会からの業務停止処分についてのお詫びと契約解除のお知らせ』

 

この書面を持って、契約書面上記入のある共同受任の個人受任弁護士、司法書士を含むアディーレ法律事務所との受任契約が解除されたことになりました。

 

紙一枚ペラでそれでいいのか!
突然すぎないか!

 

なんていう声も聞こえて来そうですね。

 

とはいえ、仮にも法律事務所。
これでおしまい、ハイさようなら、というわけにもいかないので、
今後のことについてどうなるか、といった面についても記されていました。

 

アディーレ法律事務所との契約を解除した後の自分の債務整理の案件についてどうするか、下記のどれかから選択できる、ということです。

 

 

  1. 依頼者本人で対応
  2. 他の事務所の弁護士の先生に新たに委任
  3. アディーレ法律事務所の弁護士と個人として委任契約を結ぶ

 

1.と2.についてはアディーレ法律事務所から依頼者ないし新しい弁護士に案件および資料を引き継ぎ。
3.の場合は依頼者本人からの意思表示を書面という形で後ほど提出、という形になるようです。


自分自信の今後


私の場合は、債務整理の方法・方向性自体を変えることを想定していたので2.を選ぶつもりですでに動き出しておりましたので、
あとはアディーレ法律事務所から各債権者様へ解任についての案内をしてもらう、ないししてもらったことを確認すること、
新たな委任先の弁護士さんから改めて介入の通知を送っていただくことがまず必要となります。

 

それから、私の場合は着手金や和解成立に関する報酬についてはすでに支払い済で、
各債権者への支払いが開始したあとなので、
各債権者へお返しするためにプールしてあった預かり金をアディーレ法律事務所から返してもらう必要があります。

 

そうでないと、新しい弁護士さんにお支払いができませんからね(^◇^;)

 

というか、休職中なので、来月の25日くらいまでに返してもらえないとそもそも結構死活問題という……。

 

というわけで、引き続き新しい弁護士事務所さんとの話し合いと手続きを粛々と進めて行こうと思います。

 

また何か動きがありましたら、こちらのブログでも報告しますね。

 

 

<Sponsered Link>