さくの式!テンシン日記

マイナス600万円から始める任意整理生活@sakurakuraxxx

さて、休職中のお金のことについて考えよう

こんにちは。まだまだ安定しているとはいえないさくのです。

f:id:lilyxbutterfly:20170523124646j:plain

 

 

前回の記事『さくのと心の葛藤 - さくの式!テンシン日記』でも書きましたが、

先週末に、やっとこさ心療内科へ行ってきました。

主症状は睡眠のリズムの崩れ(不眠と過眠の繰り返し)

その他、いろいろとモヤモヤ・イライラしている心中をほぼ洗いざらい吐露して来たら、

なんだか少し気持ちが楽になったように思います。

 

今月末に人事面談もあるので、そこに合わせて診断書ももらえるとの事。

来月あたりから休職しようと考えています。

こころと、身体に出ている症状を考えると、休職は必要な選択だと思っているので。

 

とはいえ、目下心配な事がひとつ。

それは、私が任意整理中の身であり、返済をどうしようか、ということです。

 

 

休職中の手当のこと

具体的な団体名は伏せますが、働いている会社が所属している健康保険組合では、

休職期間中、休業1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する金額が傷病手当としてもらえるとのこと。

つまり、3分の1程度の金額が、休職後は減額されるわけです。

 

私の場合、任意整理のために毎月弁護士事務所に支払っている金額は10万円弱。

自分の手取り金額と照らし合わせて考えてみると、3分の1減額されると、

この任意整理分として毎月支払っている金額が丸々カットされるわけでして。

(実際にはもう少し多いですが)

 

返せるのか?!

 

という話になってきます。

幸い、和解成立前に弁護士事務所さんにプールしておいた金額で、

約2ヶ月分くらいは支払いゼロでも大丈夫な状態ではありますが……

とはいえ、2ヶ月で復職出来るのか、正直今の状態では自信がありません。

 

また、来年の頭には現在の家の更新月がやって来てしまいます。

家賃2ヶ月分がその月は差し引かれる訳です。

 

全くもって大丈夫な気がしません。

 

選択の時

つい最近、任意整理の残高が500万円を切り、喜んでいた矢先の出来事なので、

どうしたものかと頭を悩ませている現状です。

 

無理をしてでも2ヶ月以内に復職するか。

休職期間中に次の行き先を探すか。

あるいは、自己破産へ向けて舵を切り直すのか。

 

月末の人事面談で引き継ぎ等を考えてから休職開始時期を決めた後、

弁護士事務所さんときちんと相談しようと思います。

 

それでは、今日はこの辺りで。

 

<Sponsered Link>