さくの式!テンシン日記

マイナス600万円から始める任意整理生活@sakurakuraxxx

さくのと心の葛藤

f:id:lilyxbutterfly:20171006021705j:plain

いい加減、自然治癒ではどうにもならないな……
ということに気づいた30歳、秋。


こんにちは。さくのです。

 

高校生くらいまでは夜の10時に寝るような健康優良児だったのですが
(その分朝が5時台と早かったのもありますが)
プロフィール記事「借金持ち正社員からのテンシン! - さくの式!テンシン日記」にもちらっと書いた通り、昨今睡眠に関して悩んでいます。

 

どのくらい悩んでいる状態かと言いますと……


先月までは3時をすぎても4時をすぎても眠れず徹夜で出勤して、
次の日は寝すぎて午後から出社みたいなことをしてしまっていたのですが、
今月に入ってからは2〜3時には眠れるものの、翌日夕方まで寝てしまう
(一応欠勤連絡は入れている)
状態です。

 

というわけで、いい加減に心療内科に行って来ようかと考えています。

 

今日はそんな、私と睡眠、それから過去のいろんな症状とのことについて、少し書いてみようかなと思っています。 

 


睡眠だけじゃなかった過去の症状


初めての心療内科

睡眠に悩まされたのは実は今回が初めてではなく、
前の会社にいた時も、夜眠れない状態が続いたことがありました。

 

朝の9時〜終電までがデフォルト。
一定の残業時間込みの給料体系とはいえ、
そこを超過した分も深夜手当もつかない中で3年半ほど働いていたので、
もともと体力がそこまでない中で疲労のピークに達していたから、
身体もそうですが心も疲弊していたんでしょうね。

 

ただ、当時も心療内科を一応受診はしたのですが、
その時は、今の会社を辞めてしまえばどうにかなるかな、と考えていました。
先生と合わなかったのもあって、通院も一回きり。
あの時、もうちょっと通っていればよかったかなぁ、と今では思います。

 

もっと過去の話

睡眠以外でいえば、実は社会人になる前から、極度のパニックで過呼吸になってしまったり、
今では全くありませんが自傷癖を抱えていた時期もありました。
この頃こそ本当に病院に通っていればよかったのでしょうが……

 

  1. 母が心の病に関して「甘え」と考えるタイプで、あまり理解が無かった
  2. 当時は実家に自分専用の保険証がなかった(紙で、家族で一枚、というタイプだった)

 

上記の理由で、保険証を持ち出しづらかった……
ということもあって、通院することができなかったんですね。

 

社会人になって、不眠で一度心療内科に通った時もまだ実家住まいであり、
当時妹が就職できず鬱で通院状態になっていて、その件に関して母が少しパニックを起こしたこともあって、
私も、と言いづらかった。通院がバレたら嫌だな、とどこかで思っていたのも、
当時ちゃんと通わなかった理由だと今では思っています。

 

その妹は現在、社会復帰に向けて就職活動中。
なので、もし自分が今から本格的に病院に通い始めたとしても、すぐには実家を頼ることは難しいかな、と考えています。

 

あと、もともとやっぱりあまり理解があるとはいえない実家なので、
金銭面ではたしかに助かる部分は多いんですが、精神的にはどうなのだろうと思っているところもあって、
休職、という道を今後仮に選んだとしても実家に帰るのはどうかなぁ、と二の足を踏んでいる部分もあります。
結構、実家時代もちょっと心がしんどいな、と思う時は、皆が寝静まったタイミングで帰宅したりとかしてましたからね(^_^;)


自分だけではなんとかならないこともある


私自身は、心がしんどいな、と思っても、
一人でのんびり過ごすうちに少し良くなってくる、ということが多かったので、
これからもそれでうまくいくんじゃないかな、と思っていました。

 

決して、精神的な意味でずっとまっすぐ健康に育ったとは言えないですが、
自己治癒能力はそこそこある方だと思っていたのです。

 

けれどこの春頃から少しずつ体調を崩してきて、
ついには睡眠リズムがどうにもならないほど崩れてきて、
これまで自己治癒でなんとかなってきた、と思っていたのが間違いだったんじゃないかと思うようになってきました。


自己治癒の一環として、今の会社で正社員で続けるのはもう苦しいと春頃から訴えて来たのが、
(アルバイトへの転向希望を出していました)
それでも何とか続けてほしい、と、あれこれ上司には手を回していただいた結果叶わなかったのも大きいのではないかとも考えています。
(上司には本当によくしていただいて申し訳ない限りなのですが)


出勤が不安定な状態ではそれこそ迷惑そのものだと思うので、
病院へ行って、診断書を貰ってきて、一度がっつり休むのが一番かな、と。


借金のことも心配で、休んでいる場合なのかとも思いますが、
一回ゆっくりしてみようかと。
今後このブログでは、同様の症状などに悩む人のための記事も書いていきたいと考えています。


それでは、今日はこの辺で。

 

<Sponsered Link>